PC&スマートフォン HLS配信の説明
~ Windows PCでの設定方法 ~
イメージ画像

はじめに

これまで動画配信の規格や種類は、Windows Media や Flash Streaming などがありましたが、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末がメインストリームになってきたことで、これらの配信方法にも変化が生じてきました。

現在、対応する配信方法も数種類ありますが、弊社では、親和性や配信効率などを考慮し、Apple社が開発した HTTP Live Streaming(HLS)をご提案させて頂きます。
このHLSの配信方法では、これまで弊社が提供してきたサービスのように、1つの埋込タグで、PCと各種スマートフォンやタブレットで動画が視聴できます。

お客様の配信規模に合わせて、
共用サーバ
限定サーバ
専用サーバ
上記のコースとプランからお選び頂けます。

詳しくは「こちら」からお問い合せください。

以下、HLSの特徴や説明などは以下に掲載しています。
また、実際の手順については「手順説明」または「手順説明 JS版」をご覧ください。

ポスター画像の配置
再生前に表示するポスター画像を割当可能です。

プレイヤーのサイズ可変
ウインドウの大きさに応じて、プレイヤーのサイズが変わります。
※(以下のサンプル動画は、W640に指定しているため、これ以上は広がりません。)

Fullscreen 最大化
Fullscreen ボタンで最大化できます。

Picture-in-Picture の表示
Google Chrome ブラウザで視聴時は、Picture-in-Picture(ミニプレイヤー)で表示可能です。

複数コンテンツの設置
WEBページの複数ページで設置可能ですが、例えば、WEBページの1ページ内でも、複数の動画コンテンツを設置可能です。

埋込タグ1つで同時対応
1つの埋込タグを使用することで、PCや各種スマートフォンの両方で映像が視聴可能です。

ダウンロード対策
リファラー参照でチェックを行っているため、動画を埋込んだWEBページをダウンロードした場合は、動画の再生は行われません。
また動画コンテンツを物理的に5秒~60秒で細かく複数に分割するため、もし動画コンテンツをダウンロードされた場合でも、一般的には利用しにくいものとなります。

プレイヤーの操作説明

左下の並びから、再生ボタン、ボリューム&ミュート、早送り・早戻しシークバー、ミニプレイヤー、フルスクリーン。

拡大する

動画配信例

・PC&スマホサンプル動画(halsc server)


・Impreza(halsc server)